注目アイテム

【茶谷孝志】特選本加賀友禅訪問着伝統的工芸品「春の誘い」麗しき品格の和姿。春の陽を絹地に込めて…

Item Number 26

絹100% たちきり身丈178.5cm 内巾36.5cm(裄69cm前後まで) 経済大臣指定伝統的工芸品の証紙、加賀染振興協会の証紙がついております。

白生地には三眠蚕糸使用、特選濱ちりめんを使用しております。

◆最適な着用時期 2月〜4月の袷頃 ◆店長おすすめ着用年齢 ご着用年齢は問いません ◆着用シーン ご結婚式・式典へのご参列、入卒・七五三お付き添い、初釜、 パーティー、フォーマルのお席 ◆あわせる帯 袋帯 描き出された悠久の美… 加賀、筆先にこめられるいのち。

その生き生きとした表現には、心突き動かされます。

京友禅の絢爛豪華さ、東京友禅の侘びさびに肩を並べる 加賀の写実と彩色の美… 優美な色彩に、凛とした日本女性の強さを感じさせるお柄行。

その面持ちはまさに、逸品。

是非ともお手元で末永くご愛用いただきたいお品でございます! お目にとまりましたら是非ご検討くださいませ! 長き歴史に培われた加賀友禅の技— 「加賀友禅」は、金沢方面で染め上げられた着物の総称ではなく、 「加賀友禅手描技術者登録」を(協)加賀染振興協会から受けた 作家が染め上げた着物を指します。

京友禅とは一変、刺繍や金彩を一切用いない… 『藍、臙脂、黄土、草、古代紫』の、加賀五彩と呼ばれる 色彩をもとに染め表現がなされる…それが本加賀友禅でございます。

刺繍や金彩が加わればおのずと絢爛豪華さが伝わりますが、 あえて、その染めの美しさのみで勝負がなされる、素直な表情。

京の都で画期的な友禅染めを大流行させた宮崎友禅斎が晩年に加賀へ戻り、 その技法を伝えたことが、加賀友禅の基礎となったとされております。

師から弟子へ、脈々と受け継がれた確かな技。

今回ご紹介のお品は意匠構成、色彩、どれをとっても秀逸。

本加賀友禅作家、茶谷孝志氏による作品です。

しっとりと、まるで水分を含んでいるかのように… 肌にやわらかく、それでいてさらりとなめらかな上質の濱ちりめん地。

染め付きのよいその濱ちりめん地を、 澄み切った青空のように、清々しい水色に染め上げて。

その地に淡黄のぼかし染めをふうわりと、肩山から裾まで走らせた上を、 ゆったりと伸びやかに枝を垂らす、枝垂れ桜の意匠。

息を呑むような瑞々しい色使い。

花びら一枚一枚に至るまで丁寧に暈し染めて… 春の澄んだ空気、柔らかな陽の光を絹地に写し取りました。

伸び伸びと写実的な表現は、香りまで感じられるようです。

侘び、さびの中に感じられる艶、精緻な意匠美。

のびやかで瑞々しく、加賀友禅独特の色彩美で描き出される意匠は、 見るものにため息をつかせる仕上がりとなっております。

たおやかさと力強さ、ラフさと品格のバランス。

大人の落ち着きを感じさせる「間」への配慮を読み取る事ができます。

意匠のぼかしはこの上なく匂やかに優美さを感じさせ、 無地場にすらも趣の感じられる素晴らしい創作品に仕上がりました。

本加賀の写実性に、描き出されたのは「命」… 絹を生み出した蚕の命、そして描く人もまた命の流の中に身を置く者であり、 全てのものに命が宿るように、お着物にも命が宿っております。

着姿の美しさで、加賀友禅に勝るものはございません。

すでに本加賀のおきものをたくさんお持ちの方にも、 いつかは本加賀を一枚と思われている方にも、お勧めしたい逸品です。

終生寄り添うお着物に! 是非お手元でご堪能下さいませ! お仕立て料金はこちら 解湯のし2,160円+※胴裏4,860円〜+海外手縫い仕立て27,000円(全て税込) ※国内手縫い仕立て+20,000円(税込) ※堅牢染め・本加賀など、染めのしっかりした御着物への抜き紋入れには、  堅牢抜き代4,320円(税込)が必要となります。

※胴裏の価格について ※紋入れについて 商品加工をご要望の場合はこちら(解湯のし) ※お仕立てご用命の際は、一度お手元でお色、風合いなどご確認頂いた後、Web集荷依頼サービス(無料)にてご返送ください。

   ※着姿の画像はイメージ写真です。

柄の出方が少々異なる場合がございます。

[A0G116182]-[TP:長洲]-[PS:桂]-[CH:八木]-[文責:松山]-[0130019] ▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

Item Number 26

Review Count レビュー件数 0件
Review Average レビュー平均 0.0(5点満点)
Shop Name ショップ 京都きもの市場 楽天市場店
Price 商品価格 780,000円(税込み)

この商品を買った人は、こちらの商品にも興味をもっています。

こちらも一緒にいかがですか